2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Domaine Bernard Delagrange Beaune 1989

ボーヌ

■ワイン名    ドメーヌ ベルナール ドラグランジュ ボーヌ 1989
■ブドウ品種   ピノノワール
■産地      フランス/ブルゴーニュ/ボーヌ
■生産者     ベルナール ドラグランジュ
■購入価格    ¥4,500


1792年ヴォルネイに設立されたドメーヌで、1972年にムルソーに移転。立派なドメーヌで、岩盤をくりぬいた地下二層にもわたる広大なカーヴには65万本ものストックを保管する事が可能。別途ヴォルネイにも10万本のカーヴを持ちます。「ブルコーニュの真髄は長期熟成した味わいにある」との信念の下、自社カーヴで長期熟成させてから販売するという方針を貫き、現在の名声を築きました。古酒は地下2階の温度12度のカーヴで保管。基本的にリコルクは行わず、必要と判断したボトルのみリコルクしています。栽培は厳格なリュット・レゾネを実践する生産者。

少しレンガ色がかった色合い。チェリーやフランボワーズなどの甘い香りと熟成を感じる湿っぽい土やキノコの香り。丸く膨らみのある果実味と心地よいミネラル感。複雑な余韻。


スポンサーサイト

クリスチャン ルボーパン ピュリニー モンラッシェ レ ゾンセニエール 2009

ピュリニー

■ワイン名    Christian Lebaupin Puligny Montrachet Les Enseigneres 2009
■ブドウ品種   シャルドネ 100%
■産地      フランス/ブルゴーニュ/ピュリニー モンラッシェ
■生産者     クリスチャン ルボーパン
■購入価格    ¥3,980


「レ ゾンセニエール」と言う畑は、一級畑ではなく村名畑ですが、なんと畑があるのは特級ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェの目の前! そんな場所でも村名になってしまいます。
モンラッシェを取り巻く特級畑たちが集中した場所に比べると、若干斜面の角度が滑らかだということ以外は、劣っている点が見つからないほどの畑で、特級ではないにしても、1級畑でもないんです。飲む方としてはこれだけの条件で特級の3分の1くらいの価格でこんなおいしいのが飲めるので嬉しいです。


洋梨や白桃などの華やかな香りが広がり、ヴァニラやバターなどの香りも次々に感じる。程よい厚みがあり、しっかりとした酸とミネラルでバランス良くまとまっていた。とても上品な正統派ブルゴーニュ。贅沢にカニ鍋と一緒に頂き、幸せな時間を過ごせました。



エグリ・ウーリエ・エクストラ・ブリュットNV

エグリウーリエ

■ワイン名    Egly Ouriet Extra Brut NV
■ブドウ品種   ピノ・ノワール 60% シャルドネ 40%
■産地      フランス/シャンパーニュ
■生産者     エグリウーリエ
■購入価格    ¥9,000


ランス地区アンボネに居を置く1900年創立のレコルタン・マニュピラン(RM)
“シャルドネの伝道師”ジャック・セロスと共に『二大巨頭』と呼ばれる
“ピノ・ノワールの魔術師”エグリ・ウーリエ
以前はノン・ドセとして造られていた極辛口タイプを現当主のフランシス氏の拘りで1〜2gだけ
ドサージュしたエクストラ・ブリュット・VPに変更。まさに“天才のみぞ知る、拘りの極致”

ラベルに大きく書かれている「V.P.」はVin de Paysじゃありません。これは「長期熟成(ヴィエイユスマン・プロロンジュ)」を意味していて、文字通り、このシャンパーニュは長い熟成を経てから出荷されます。「長期熟成」といってもその期間は1年や2年ではありません。熟成期間はなんと70ヶ月(5年10ヶ月)!シャンパーニュは熟成させてから出荷するよう法律で定められていますが、義務付けられているのは15ヶ月。エグリ・ウーリエは法律で定められた5倍近くも熟成させています。


70ヶ月もの長い熟成を経たおかげで泡は驚くほどキメ細かく柔らか。凝縮した果実の甘い香りが広がり、飲み込んだ後には上品な樽の香ばしさが優しく残りエレガントな余韻


コート デュ ジュラ ドメーヌ マクル 2007

ジュラ

■ワイン名    Cote du Jura Domaine Macle 2007
■ブドウ品種   シャルドネ サヴァニャン 
■産地      フランス/ジュラ
■生産者     ドメーヌ マクル
■購入価格    ¥3,980

フランスとスイスの国境に近い山岳地帯がジュラ地方。他のどこよりも個性的な独特のワインを生み出す名産地です。コート・デュ・ジュラにおいて最上のサウ゛ァニャンを生み出す区画として知られるシャトー・シャロン。この小さなアペラシオンで最高の評価を受けている蔵元が、ドメーヌ・マクルです。このコート・デュ・ジュラはフラッグシップであるシャトー・シャロンのセカンドワイン的な存在であり、シャルドネを混ぜる事により親しみやすいスタイルに仕込まれています。まさにプチヴァンジョーヌというべきワイン。


モンドールに合わせる為、産地つながりで選んでみました。
ジュラと言えばクレマン ド ジュラ、黄ワインのヴァン ジョーヌ、藁ワインのヴァン ド パイユなどが頭に浮かんだがよく分からないので店員の方に相談したところ、ジュラ初心者でもシャルドネが入っていて親しみやすい味わいと勧められ購入。ヴァンジョーヌと同じように造られているがヴァンジョーヌになりきれずに熟成期間が短くなったワインとも言っていました・・・

深い黄金色。ナッツやクミン、シェリーっぽい香り。適度な果実味でヴォリューム感はある。
余韻は細く軽く伸びる感じ。
妻は結構好きと言っていましたが、自分は苦手なタイプでした。
熟成されたモンドールならこの独特な癖が良く合うと思います。



モーゼルラント ヘルツ デア モーゼル 2009

モーゼル

■ワイン名    Herz der Mosel QbA 2009
■ブドウ品種   ミュラートゥルガウ主体
■産地      ドイツ/モーゼル
■生産者     モーゼルラント葡萄農協栽培者組合
■購入価格    ¥1,000


モーゼル最大のワイン生産者協同組合。生産量約4万klを生産する巨大な組織ですが、約4500もの契約生産者が個人個人の畑にて栽培。組合より栽培からワイン造りまでモーゼルラントのカリスマ醸造家により徹底したアドバイスにより優れた品質のワインを造りに努めています。

Herz der Mosel=「モーゼルの心」

レモンやグレープフルーツなど柑橘系の香り。疲れた体にしみわたるほのかな甘味と爽やかな酸味がとても良かった。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

時計

カレンダー

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

商品検索


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。