2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスチャン ルボーパン ピュリニー モンラッシェ レ ゾンセニエール 2009

ピュリニー

■ワイン名    Christian Lebaupin Puligny Montrachet Les Enseigneres 2009
■ブドウ品種   シャルドネ 100%
■産地      フランス/ブルゴーニュ/ピュリニー モンラッシェ
■生産者     クリスチャン ルボーパン
■購入価格    ¥3,980


「レ ゾンセニエール」と言う畑は、一級畑ではなく村名畑ですが、なんと畑があるのは特級ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェの目の前! そんな場所でも村名になってしまいます。
モンラッシェを取り巻く特級畑たちが集中した場所に比べると、若干斜面の角度が滑らかだということ以外は、劣っている点が見つからないほどの畑で、特級ではないにしても、1級畑でもないんです。飲む方としてはこれだけの条件で特級の3分の1くらいの価格でこんなおいしいのが飲めるので嬉しいです。


洋梨や白桃などの華やかな香りが広がり、ヴァニラやバターなどの香りも次々に感じる。程よい厚みがあり、しっかりとした酸とミネラルでバランス良くまとまっていた。とても上品な正統派ブルゴーニュ。贅沢にカニ鍋と一緒に頂き、幸せな時間を過ごせました。



スポンサーサイト

パトリック ピウズ シャブリ グランクリュ ブーグロ 2009

パトリックピウズGC

■ワイン名    Patrick Piuze CHABLIS GRAND CRU Les Bougros 2010
■ブドウ品種   シャルドネ 100%
■産地      フランス/ブルゴーニュ/シャブリ
■生産者     パトリックピウズ
■購入価格    ¥6,000

ローヌのシャプティエ氏にインスパイアされ、彼のバックアップのもと世界中のワイナリーで修行を積む。2000年からオリヴィエ・ルフレーヴに4年間務め、シャブリの醸造責任者となり、2004年にはヴェルジェのシャブリの醸造責任者、2005年~2007年には大手のジャン=マルク・ブロカールの醸造責任者を務め2008年7月に自らのメゾンを設立。
いくつかの畑はメタヤージュ契約で畑を借り、自分で栽培に携わっています。他の畑は栽培農家とコミュニケーションを密にした上で、自分の目指す葡萄を作るよう最大限の努力をしています。熟成に用いるオーク樽は、年毎に栽培された葡萄に適した古樽を使用。 テロワール毎の個性を重視し村名4種類(テロワール毎)、プルミエ・クリュ11種類、グラン・クリュ6種類を生産する。村名からグラン・クリュまで全アイテム蝋キャップを採用。

ピウズ曰く、「シャブリの8つ目のグランクリュを見つけた」
コート・ド・ブケローが位置するブーグロの畑の中でも、風当たりが最も良好で理想的な畑。

シャブリグランクリュ (7クリマ+1クリマ)
 Bougros  ブーグロ
 Les Preuses レ・プリューズ
 Vaudesir  ヴォーデジール
 Grenoulles グルヌイユ(最小面積)
 Valmur  ヴァルミュール
 Les Clos  レ・クロ(最大面積)
 Blanchots  ブランショ 
(Moutonne) ムートンヌ(ヴォーデジールとレプリューズにまたがる小さな一画の畑。
             この畑はドメーヌ ロン デ パキのモノポール)


シャブリらしいシャープさは控えめで丸い印象の酸。豊富なミネラルと果実味でフルーティー。バターのような香りとで厚みのある濃厚な味。余韻も長い。


ドメーヌ ラモネ ブルゴーニュ パストゥグラン 2010

ラモネPG

■ワイン名    Domaine Ramonet Bourgogne Passetoutgrain 2010
■ブドウ品種   ガメイ ピノノワール
■産地      フランス/ブルゴーニュ
■生産者     ラモネ
■購入価格    ¥1,600


シャサーニュ村に本拠を置き、世界最高の白ワイン生産者の一人。辛口で有名なワインジャーナリストが「赤はロマネ・コンティ、白ならラモネ」と絶賛するほど世界中から高い評価を受けている。
1年に造られるのはたった6樽と少なく、そのほとんどを有名な3つ星レストラン“アランデュカス”が買い占めているそうです。

明るいルビー色。フルーツの味がたっぷりあるのにベタベタした甘さは全くなくて、溌剌とした酸味がワインを引き締めている。前回のパスグラと同じく梅のニュアンスも特徴。ミネラルの余韻が残って驚くほどエレガント。

続けて飲んだパストゥグランは和食にとても合います。
ちなみに、この日はおでんとのマリアージュでした。



アラン ユドロ ノエラ ブルゴーニュ パストゥグラン 2010

アランユドロノエラパスグラ

■ワイン名    Alain Hudelot Noellat Bourgogne Passetoutgrain 2010
■ブドウ品種   ガメイ ピノノワール
■産地      フランス/ブルゴーニュ
■生産者     アラン ユドロ ノエラ
■購入価格    ¥1,500


1960年代半ばに設立したヴージョ村に本拠を置くアラン・ユドロ・ノエラは、ヴジョー、ヴォーヌ・ロマネ、シャンボール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュなどコート・ドールの主要な生産地に10ヘクタールにわたる区画を所有しています。それらはかつての名門ドメーヌ、シャルル・ノエラの孫娘であるオディルが当主アラン・ユドロ氏との結婚の際に持参したものです。
リリースされているワインは、グランクリュのクロ・ド・ヴージョ、リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァンと、6つのプルミエクリュ、3つのヴィラージュ、そしてブルゴーニュ・ルージュとそうそうたるもの。

ブルゴーニュ パス トゥ グラン
ピノノワール30%以上、ガメイ15%以上主体のワイン

色は暗めのルビー色。赤系果実の香り。アセロラ、梅干しのような甘酸っぱさ。ガメイらしさはあまり感じず、旨みもしっかりありバランスがよく美味しい。
和食とも良く合うので気軽に飲みやすい。
たまたま食べた、卵かけご飯とは想像もしなかったマリアージュです!


グロ フレール エ スール ブルゴーニュ ルージュ 2009

グロ

■ワイン名    Domaine Gros Frere et Soeur Bourgogne Rouge 2009
■ブドウ品種   ピノ・ノワール 100%
■産地      フランス/ブルゴーニュ
■生産者     ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スール
■購入価格    \2,500


グロ家の歴史はニュイ・サン・ジョルジュの町から2キロほど離れた「ショー」という小さな村で1804年に生まれたアルフォンス・グロから始まりました。
それからこのドメーヌの名声を今日のように高めたのは、ルイ・グロから畑を分割相続し、1963年に独立したジャン・グロでした。まだ故アンリ・ジャイエが『神様』と拝まれていなかった80年代後半、 DRCと匹敵するとされていたのは、ジャン・グロのリシュブールでした。 このジャン氏は1995年ヴィンテージの収穫後に引退し、3人の子供たち(ミッシェル、ベルナール、アンヌ・フランソワーズ)に畑を分配しました。

ベルナール・グロ
ジャン・グロの次男として生まれ、母親がヴォーヌ・ロマネ村の村長を務めるなど、ヴォーヌ・ロマネ村きってのサラブレッド。子供のいなかった叔父・叔母のドメーヌである「ドメーヌ・グロF&S」を1980年より引き継ぎ現在所有する畑は3つのグラン・クリュを含め20.21ha。唯一実家のジャン・グロから相続した畑がこの ACブルゴーニュ。父から引き継いだ唯一の畑。
90年代は、父のジャン・グロや、長男のミッシェル・グロばかり注目されていましたが、最近は、次男坊ベルナール・グロが造る、グロ・フレール・エ・スールが世界的に評価が上がっています。


複雑味は無いがピノ特有の甘味と果実味が豊か。酸味も少なくて飲みやすい。

娘が「良いにおいしたい!」と言うので香りだけ嗅がすと、「イチゴの臭いがする!」
これには驚きました。試しに「他にはどんな臭いがする?」って聞くと、
「葉っぱ!土!え~と・・・ぶどう!」
子供ってすごいですね。何も教えていないけど、何気ない会話も良く聞いてるみたいです。
下手な事言わないように気をつけないと。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

時計

カレンダー

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

商品検索


developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。